好きな被写体

 SNS媒体でアンケートをとってみたところ、「好きな被写体」というお題を いただきましたので、好きな被写体について書こうと思います。応えてくださった方、ありがとうございました。

 うーんそうですね……。夕焼け、空、花、人物、自然風景、街のスナップ、犬、猫、建築物、いろいろありますが、実のところ、自分から好きになったものはあまりなく、周りの要望や需要を取り入れて撮り始めたものがほとんどです。カメラを初めて手にした頃に撮っていたのは、夕焼けや友人のスナップで、その後、波の抽象や空と雲を撮るようになり、一番最近は建築物も撮っていました。空に関しては、今となっては、好きとか嫌いとかいう次元を超えてしまったので、どこへ行こうと撮り続ける被写体の一つだろうと思います。撮ってて楽しいのは、山でも街でもやはり自然を感じる時なので、一つにまとめるなら、好きな被写体は、「自然」ということになるのでしょうか。

 見ていて好きな被写体は、犬や猫、日常で見ることのできる鳥や哺乳類動物です。いつまで見てても飽きないですし、人を見ているより好きかもしれません。写真の学校に通っていたときに、ビジネスプランを立てる授業で「ペット写真家」でビジネスプランを立てた程でした。自分で撮ってみるとなかなか難しいですが、時間を忘れて撮れる被写体だと思います。

 

Using Format