食生活について

 現在の私の食生活は、至ってシンプルです。動物性タンパク質は摂るので、ビーガンともベジタリアンとも違いますが、野菜中心の食生活ではあると思います。ビーガンレシピを教えてという希望をいただきましたが、私もネット上のレシピを参考にしたり、定番レシピを自分に合わせた食材で作っているので、我が家に常備している食材と調味料、食事パターンを紹介する方がいいかなと思いましたので、以下にご紹介いたします。


動物性タンパク質 ー イワシ、サンマ、アジ、鮭、若鳥鶏胸肉、手羽先、手羽元、豚ミンチ、合い挽きミンチ、鶏ミンチ、牛すじ、ラム肉(肩ロース)、卵

 この中から3、4種類を選んで一週間ごとにローテーションします。煮干しも常備です。牛肉は極たまに食べます。塩胡椒で焼いてワサビと一緒に食すとおいしいということを先日初めて知りました。ミンチは作り置きで、白ネギと生姜のみじん切りと炒めて濃いめに味付けをしたものを最近はよく作ります。ご飯にのせて食べたり、お豆腐に添えたりします。


植物性タンパク質 ー 納豆(ひきわりが好き)、豆腐、揚げ、豆乳ヨーグルト(自家製)、おから

 納豆はお昼、豆乳ヨーグルトは、朝食にいただきます。ナッツ類やきな粉、蜂蜜を添えていただきます。


海藻類 ー わかめ、だし昆布、ひじき、海苔

 海藻類はやはり大事だなとメルボルンから帰ってきて実感しました。一番実感したのは、髪質です。海藻類食べてるとやっぱりしっかりとコシがでるような感じがします。


ナッツ類 ー クルミ、アーモンド

 朝のヨーグルトか、空腹時のおやつに食します。無塩で、これを砕いて作り置きのミンチに具として入れると香ばしく仕上がります。カシューナッツやマカダミアナッツも好きです。


野菜 ー ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、白ネギ、芋類、青菜(季節により小松菜、春菊など)もやし、キノコ類、ゴボウ、豆類(大豆、小豆、ひよこ豆など)南瓜、季節により、トマト・キュウリ

 実のところ、私、野菜はそんなに好きではありませんでした。なんでも食べるように教えられていたので、一応給食は残したことはありませんが、昔から好きだったのは、芋栗南瓜くらいでしょうか。あとは、最近好きになりました。この夏は母の自家菜園が豊作だったのもあって、新鮮なミニトマトやナス、ブロッコリーなどをいただくことができました。


果物類 ー レーズン、バナナ(時々)、季節ごとの和の果物

 ドライフルーツが好きです。干したナツメや無花果(いちじく)も一時期好きで食べていました。リンゴやイチゴ、バナナも毎日食べたりすると体の内側がむくんだような感覚があるので、控えています。


穀類 ー 玄米、3分づき米

 正直、食べ始めた頃はあまり好きではありませんでした。慣れてくると、噛めば噛むほどに味わいがあって美味しく感じるようになりました。カレーも玄米と共に食す方が美味しく感じますし、ラム肉のトマト煮を作った時なんかも味わいがいのある一品に仕上がります。玄米は、塩少々と小豆(あずき)を加えて炊いてあるのが好きです。これは母の専門なので、任せています。


調味料 ー 天然塩、胡椒(白黒)、てんさい糖、米油、オリーブオイル、ごま油、本みりん、料理酒、グルテンフリー醤油、こめ味噌、カレー粉、片栗粉、おから粉、米粉、野菜出汁

 砂糖の種類は、メルボルンにいた頃に開拓して、てんさい糖に固定しました。上白糖と比べると甘味は少ないですが、お腹に優しいオリゴ糖入りなので安心して使えます。どうしても甘味が欲しい時は、蜂蜜かメープルシロップで甘味を足します。油の種類は、米油にしてから母も私も調子がいいので米油を使っています。醤油は去年、母が見つけてきてくれました。ラベルの裏側を見たら、私の生まれ故郷の豊橋市で生産しているとのこと。「縁は機なもの稀なもの」ですね。通販でも販売しているので、日本全国どこでも手に入るのがいいところです。米粉や片栗粉、おから粉は、揚げ物やおやつ作りに使います。お肉を片栗粉で揚げれば竜田揚げ、おから粉で揚げればチキンナゲットのような出来上がりです。野菜出汁は、母が野菜のヘタやくずを煮出して作ります。


飲料 ー 豆乳、コーヒー、ココア、アロエベラジュース、日本茶、紅茶、ハーブティー

 豆乳は毎日コーヒーや紅茶、ココアに混ぜて飲んでいます。コーヒーは、禁煙したときに一緒に辞めていましたが、最近また飲むようになりました。禁煙はこの10月で4年目に入りました。アロエベラジュースは、10年以上前に完全有機栽培のものと母が出会って、ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸など、スーパーフードとも呼ばれる栄養満点の野菜ジュースだよと諭されるように飲まされ、今となっては毎日飲むのが当たり前な飲料となりました。具体的に何がいいかと問われると困るのですが、なんか良いので続いています。日本茶は、緑茶・ほうじ茶・番茶といろいろありますが、やっぱり緑茶はホッとしますね。ハーブティーは、今年は、家の庭で育っているミントやカモミールを楽しみました。セージやローズゼラニウムといったハーブは、消臭や除虫、掃除にも使えるので、重宝しています。


 私が食べられないものを片っ端から省き、母が更に新しいものを取り入れてくれて今の形になっているという状態です。食材はほぼパターン化してしているのですが、今年から兄が一人戻ってきて作り手が一人増え、3人でローテーションして作るようになったので、同じ食材でも違ったものができ、バリエーションも増えました。食に関することは書き始めるときりがないので、今日はここまでにします。誰にでも当てはまることではないので、参考程度に読んでいただければと思います。

 今後も食に関することや写真に関すること、ライフスタイルについて聞いてみたいことや質問があればいつでも受け付けております。メッセージいただけると嬉しいです。日々の料理の写真は時折インスタグラムのストリーズに載せておりますので、気ままに覗いてみてください。


それでは、また。


メッセージを送る

インスタグラムアカウント @adamayokuy


About section has been fixed.

 About section is now available. You can see my profile as well as my work concepts. 

You can access via the tab on top of this page or links below:

About Work

About Yuko


「About」項目の修正完了

 作品紹介とプロフィールページがご覧いただけるようになりました。

アクセスはページ上部の「About」もしくは下記のリンクからお願いいたします。

作品について

作者について


好きな被写体

 SNS媒体でアンケートをとってみたところ、「好きな被写体」というお題を いただきましたので、好きな被写体について書こうと思います。応えてくださった方、ありがとうございました。

 うーんそうですね……。夕焼け、空、花、人物、自然風景、街のスナップ、犬、猫、建築物、いろいろありますが、実のところ、自分から好きになったものはあまりなく、周りの要望や需要を取り入れて撮り始めたものがほとんどです。カメラを初めて手にした頃に撮っていたのは、夕焼けや友人のスナップで、その後、波の抽象や空と雲を撮るようになり、一番最近は建築物も撮っていました。空に関しては、今となっては、好きとか嫌いとかいう次元を超えてしまったので、どこへ行こうと撮り続ける被写体の一つだろうと思います。撮ってて楽しいのは、山でも街でもやはり自然を感じる時なので、一つにまとめるなら、好きな被写体は、「自然」ということになるのでしょうか。

 見ていて好きな被写体は、犬や猫、日常で見ることのできる鳥や哺乳類動物です。いつまで見てても飽きないですし、人を見ているより好きかもしれません。写真の学校に通っていたときに、ビジネスプランを立てる授業で「ペット写真家」でビジネスプランを立てた程でした。自分で撮ってみるとなかなか難しいですが、時間を忘れて撮れる被写体だと思います。

 

Using Format